明るい社交不安障害日記

社交不安障害について明るく病状説明する日記です。

明るい社交不安障害日記⑰「休みの日の過ごし方」

今回は、少しつまらない話になってしまう。

 

金曜日,仕事を終えると大抵実家に帰る。

親が心配するからだ。

 

 

そんでもって自分は次の日の昼まで目が覚めない。

自分としてはよく寝られて少し嬉しいのだがあるとき先生に言われた。

『3食食べなさい』

 

そうか。きちんと3食食べないといけないのか。
それ以降,10時には起きて,ご飯を食べて,それから・・・・

 

だるくて動けない。
完全週休二日制の職場で働いた分の反動が来るのだろう。
全くもって動けず,傍目からみたらダラダラとしているだけだった。

 

 

中学生の引きこもり時期
母親は『別に学校行かなくても良いよ』と言ってくれた。
ただ,『休んでるんだから家のことをしてね
という言葉がついてきた。

 

当たり前だ。

“働かざる者食うべからず”

共働きの家族において,仕事も家事もとなれば多少の助けは
・・・学校に行くことの無い一日中暇な娘ともなれば多少,家事はしようものだろう。

 

 

結局面倒くささが家事より勝って学校に行くようになったのである意味人生においてはwinだったように思える。

 

ここ最近,土日実家に帰ってくるだけの娘が一日中寝ているか,

そうでなくてもぐったりしている。

 

ちょっとは動いてよ。
帰って来て何話したっけ?
最近はそう言われることが増えた。

ちょっとしたお父さんの気持ちがわからないでもないが、

我が家は共働きだ。娘にも動いてほしいんだと分かってる。

ただ、動かない。

 

多少は仕事と休日のペース配分を考えた方が良いと思う今日この頃だ。